Facebookページ @nishiyama038 ―日々の活動を投稿中!―

プロフィール

旧姓 秦 幸代(はたさちよ)
祖父 元大宮市長 秦明友  父 元県議会議員 秦哲美

経歴

1959年12月31日
さいたま市大宮区桜木町で生まれる
1965年
大宮聖愛幼稚園卒園
1972年
さいたま(大宮)市立桜木小学卒業
1975年
さいたま(大宮)市立桜木中学校卒業
1978年
埼玉県立浦和西高等学校卒業
1982年
獨協大学外国語学部卒業
1983年
(株)丸井大宮店勤務
2001年
さいたま市シニアユニバーシティー事務局勤務
2009年
NPO教育支援協会役員
2011年
がんサロン「なごみ」顧問

この間、さいたま市立桜木小学校PTA副会長、民生委員・児童委員等歴任

2011年
さいたま市議会議員初当選
2015年
さいたま市議会議員当選(2期目)
2017年
青少年育成桜木地区会会長
リレー・フォー・ライフさいたま副実行委員長
2019年
さいたま市議会議員当選(3期目)


現在

桜木地区社会福祉協議会理事
NPO教育支援協会役員
市立桜木小学校・中学校評議委員

議会での所属

議会運営委員会・保健福祉委員会・予算委員会
大宮グランドステーション化構想特別委員会
浦和競馬組合議会

【過去所属委員会】
市民生活委員会(委員長)、決算特別委員会
保健福祉委員会、予算委員会(副委員長)
文教委員会(委員長)、総合政策委員会(副委員長)
予算委員会、保健福祉委員会、政治倫理特別委員会(委員長)
決算・行政評価特別委員会、議会改革推進特別委員会
大都市行財政制度特別委員会、見沼田圃将来ビジョン特別委員会
議会広報編集委員


重点政策

西山さちよは『一人ひとりに よりそう政治』をモットーに、次の政策に重点を置いて取り組んでいます

西山さちよの重点政策

  • 学校教育環境の充実と地域・家庭との連携促進
  • 厳しい境遇にある子どもたちの学びの場と居場所づくり
  • 主権者教育・思春期教育の全校実施
  • 「待機児童ゼロ」「児童虐待ゼロ」「いじめゼロ」の実現
  • 妊娠期から子育て期までの切れ目のない総合的な支援
  • ひとり親家庭の自立支援
  • 若者の学びなおしと自立支援
  • これまでの活動
  • 高齢者も障がい者も安心して住み続けられるまちづくり
  • 地域医療体制の充実
  • 4時間365日在宅医療の整備促進
  • がん患者の支援
  • これまでの活動
  • 男女共同参画の推進と女性議員の増員
  • 高齢者の虐待防止とDV防止対策の充実強化
  • 多様性を認め合う社会の実現
  • 平和都市宣言の精神を活かしたまちづくり
  • これまでの活動
  • 大宮駅グランドセントラルステーション化構想の早期実現
  • 大宮駅東口エスカレーター・大宮駅西口トイレの設置
  • 氷川神社、大宮公園、鉄道博物館、アルディージャなど地域資源を活かしたまちづくり
  • 防災減災のまちづくりと地区防災力の強化
  • 文化芸術の拠点整備
  • これまでの活動
  • がん対策推進条例の制定
  • 妊娠出産包括支援センターの設置
  • ガイダンスカウンセラーの導入
  • ごみスクールにスケルトン車の導入
  • 公園整備
  • 通学路の安全対策
  • 鴻沼川の護岸整備
  • さいたま市営球場付近の安全対策
  • テニスの壁打ちボードの設置
  • 生活に根差した諸課題など
 
後援会

西山さちよ後援会では会員を募集中です
 

西山さちよの政治信条は『一人ひとりによりそう政治』、子供からお年寄りまで元気いっぱい幸せいっぱいに暮らせる笑顔あふれるさいたま市を目指して活動しています。
西山さちよの活動をご理解いただき、ぜひ、西山さちよの応援団として後援会にご加入いただければ幸いです。ご入会に際し、入会金や会費は特にありません。どうぞよろしくお願いいたします。
お気軽にお問い合わせください。

 

【 西山さちよ後援会会則 (抜粋)】

第1条
本会は、西山さちよ後援会といい事務所をさいたま市大宮区桜木町3-254-1におきます。
第2条
本会は、西山さちよの政治活動を後援するとともに、会員相互の親睦をはかることを目的とします。
第3条
本会は、前条の目的に賛同する個人および団体をもって構成します。
第4条
本会は、次の活動を行います。
1.講演会、座談会等の開催  2.会報等の発行及び配布  3.関係諸団体等との連携
4.その他本会の目的達成に必要な事業
第5条
本会に、次の役員をおきます。
1.会長,1名  2.副会長,2名  3.幹事,若干名  4.会計責任者,1名  5.会計,2名
6.会計監査,2名 なお、必要に応じ顧問および相談役をおくことができます。
第6条
本会の経費は、会費および寄付金、その他の収入をもってあてます。
なお、会費については別途定めます。

関係リンク

PAGE TOP